家族葬は、バブル経済の崩壊以降急速に普及したコンパクトかつ質素な葬儀形態であり、現在では葬儀全体の半数以上を占め葬儀の主流となっている葬儀形態ですが、急速に普及した事で葬儀形態の明確な定義が無く一般的な規模の葬儀も家族葬として遺族にプランニングする葬儀業者もいます。
しかし、残された親族と気心の知れた知人などの数人で行う葬儀が基本的な葬儀形態であり、一般葬との大きな違いは弔問客及び参列者の人数です。

家族葬と一般葬の違い

家族葬と一般葬の違い 家族葬は、基本的に残された親族と気心の知れた知人だけで執り行うコンパクトかつシンプルな葬儀形態であり、一般葬に比べて圧倒的に参列者及び弔問客の人数が少ない事や参列者及び弔問客が少ない事で葬儀費用が安い点が大きな違いとされています。
しかし、家族葬と一般葬の違いは参列者及び弔問客の人数や葬儀費用安さだけで無く、参列者及び弔問客の人数が予め決定されている事が大きな違いです。
一般葬は、袖が触れ合うのも多生の縁と言われ自発的に通夜や告別式に訪れるのが常識とされ、通夜や告別式が終了するまで弔問客及び参列者の数が確定しない特徴があります。
家族葬は、極限られた数人で葬儀を行うので返礼品や通夜振る舞いなどを余分に用意する必要が無く、気心の知れた親族と知人で通夜や告別式を行うので接客や対応で気疲れする事が無いので楽です。

家族葬にすることの意味

家族葬にすることの意味 家族葬という言葉が独り歩きしてしまっているようにも感じられる昨今、今一度どういったものであるかを知ることは非常に大切です。
そもそも家族葬にすることの意味とは、一体何なのでしょう。
まず、この葬儀スタイルにはメリットが非常に多いことが挙げられます。
遺言などでこの葬儀スタイルを希望する人の多くは、本当に自分の事を思ってくれている家族と、自分と近しい人たちだけに見送られたい」という思いが強くあり、形式的な葬儀ではなく心温まるアットホームな葬儀が出来るのが魅力です。
それに加えて、遺族が形式的な葬儀に振り回されないようにと配慮しているケースもあり、遺族側の負担も最小限に抑えられるというメリットがあります。
お金がかからないという部分も大きなメリットです。
家族葬ならば身内と親しい間柄の人たちのみで行われることがほとんどですから、故人との最後の晩餐には故人の好きだった食べ物や思い出の料理が振舞われます。
しかし一般葬儀となるとそういうわけにもいきませんから、豪華な寿司やオードブルを用意しなくてはいけなくなってしまい、結果的に多くのお金を使わざるを得なくなってしまいます。
また、家族葬は形式に囚われず行うことが出来るので、故人はもちろん遺族の希望要望にそった一番ふさわしい形を選ぶことが可能です。
こうしたいくつかのメリットやこの葬儀ならではの特徴が、この葬儀スタイルを選択することの大きな意味となっています。

家族葬関連リンク

家族葬を中野区で行う事ができます

中野区 家族葬